占いについて

占いについて

一口に占いといっても、本当に様々な種類の方法がありますが、 大きく分けて「命・卜(ぼく)・相」の3種類に分類できます。

「命」【人を知るための占い】
自分の誕生時のデータ(生年月日や場所)を基としてその人の運命や性格、生涯のバイオリズムなどを占います。

「卜」【物事を知るための占い】
道具などを用いて偶然現れた結果を元に、事柄や事態の成り行きなどの近い未来や、物事の吉凶、占います。

「相」【人を知るための占い】
ものの形や形状を見る事によって、 その人の状態や未来を占います。

当サロンでは、台湾の伝統的な占いを中心に、「命・卜・相」の中から、お客様のご相談内容に合った占術を組み合わせて占います。もちろんお客様が特に希望する占術(例えば米粒占い希望とか)がある場合には、それを得意とする占い師をご紹介いたしますので、事前にお申し出ください。

龍の羽の占いに対する考え方


科学がこんなにも発達している現代において、人々は何故「占い」を求めるのでしょうか? 現代社会はあまりにも目まぐるしく、恐ろしいスピードで状況が変化していきます。 \変化についていけなかったり、ゆっくり物事を考える暇もなかったりで、自分を見失ってしまうことも多いかもしれません。進むべき道が分からず、戸惑うこともしばしばあることでしょう。

自分を見失い、何かに行き詰った時、あなたならどうしますか? 問題が起き、悩み事が生じた時、あなたなら誰に相談しますか? 肉親、友人? ―あまり近い立場の人には、言えないこともありますよね。
じゃぁ、行きずりの人? ―まさかねぇ。
カウンセラーは? ―何か大袈裟っぽいし、どこに行ったらいいかわからないし。

<龍の羽>では占い師=カウンセラー、と考え、気軽にカウンセリングが受けられるスペース、でありたいと思います。悩みは悩みのままで置いておくよりは、誰かに相談することで、スッキリとした気分になれるはずです。占いはこんな時代の心の道しるべなのです。

占いは未来をも予想しますが、それが目的ではなく、自分自身を冷静に見つめ、どのように行動するべきかを考えるための材料にしていただきたいのです。また、「宿命」は一生を通じて変えることができませんが、「運命」は変えることができます。つまり「宿命」とは生まれた時からすでに決められているもの、例えばどの親から生まれるとか、性別などですので、どうすることもできません。しかし、いつ、どの道を、どのような方法で進むのか、それによって決まるのが「運命」なのです。

よって「運命」は変えることができる、このことに占いの意味があります。例えば、悪い結果が出てしまったなら、そうならないように気をつけたり、努力したりすることで、「運命」は変わるはずです。つまり、悪いことに対しては、注意してコトにあたり、良いことに対しては、自信を持って進む、と考えればいいでしょう。

占いを受ける上で大切なことは、あなた自身が本当は何をしたいのか、あるいは何をするべきなのか、といったことを、占いによって気づき、そのためのベストな方法を見つけることなのです。

あなたが自信を持って積極的に行動できるようにアドバイスしてあげることが、<龍の羽>の使命だと思っています。

台湾流易占カード・セミナー動画

BUTTON_2

生活に役立つ手相学・セミナー動画

abc00a6aec63e4a7f7b6e5d54537d3b3

2017年年間運勢

PAGE TOP